fsafjsalfjklas

さくら組だより 9月号

2018年9月23日 - 12:27 PM by 笹口パンダ

夏から秋へと移り変わる頃、子どもたちの成長にも目を見張るものがあります。食後におしぼりなどをジップロックに片付けたり、Tシャツやズボン、靴下(裏返しになっていても直してはこうとします)の着脱などです。なんでも「自分で!」と意欲的です。
「すごいね、できたね」と褒めると何度も挑戦する姿は素敵ですね。中には上手く出来なくて涙が出てしまうお友だちも・・・「自分で!」の意欲を大切にしながら、少しだけ援助し「できた!」と言う自信を持たせて行けたらと思っています。

作品展の制作では、紙に描いたり、手でちぎったり、ハサミで切ったりしました。のりを使うときは、人差し指を出して「いち~」と言って得意そうにだし、真剣な表情でぬる姿も見られました。
楽しみながら頑張って作った作品です。当日をお楽しみにされてくださいね。

P079-02

作品展

9月29日(土)

デザイン画:ふうせん

個人制作:クリスマス☆オーナメント

さくら組参観日

10月16日(火) 9時45分から 予定

さくら組園外保育

10月24日(水)

022 横越中央公園

021 自然科学館

遠足バス

おねがい

お迎え後は園内や園外の駐車場で遊ぶと混雑しますし危険ですので、お帰りくださいますようお願いします。

今月のうた、てあそび

01onpu やきいも グーチーパー

01teasobi ピクニック

Six Apart Ltd / CC BY 2.1